topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋と言えばキノコでしょ、やっぱり・・・・・ - 2012.11.21 Wed

今年は春から夕張へ週末になるとお出かけ。
春夏秋と夕張の山や川と戯れてきた。

釣りも一段落し、カラマツの葉が色づき始めると気になるのはキノコ。
ラクヨウキノコはもちろんのこと、札幌近辺よりはあるだろうとあちこち森の中を探し回った。
何の情報も無く自分の足で探し出すのはとても楽しい。
見つけた時の喜びは倍になる、、、よな気がします。はい。

ラクヨウ・ナメコ・エノキ・ムラサキシメジ・シモフリシメジとこの5種類が目的だったのだが、、、

エノキ
▲エノキタケ

手にできたのはラクヨウ・エノキ・ヤナギタケ・ムキタケの4種類でした。まずまずですか・・・
味覚的には目標の5種類が最高なんですがラクヨウとエノキが採れたので、良しとしましょう。

で、札幌の自宅近辺じゃ僅かしか採れないエノキが結構採れて別名のユキノシタになるまで楽しませていただきました。

ゆきのした

自然の恵みに感謝です。はい。





スポンサーサイト

懐かしい出来事・・・・・ - 2012.07.31 Tue

先月から栗山町へ何回か足を運んでいる。
農業あり林業あり小さい町なのだけど活気ある町。

何回か行っていて気になったことがあった。
それは19年前、デザインプロダクション時代に参加させていただいた栗山町児童センターのピクトサインのこと。
今でも使われているのだろうか?破損したりしてないだろうか?
それとも移転や立て直しなどでなくなってるのだろうかと・・・・・

すぐ近くに来てるような気がしたのでグーグルで検索して行ってみた。
当時と変わらない外観、樹木が大きくなったことと経年劣化による外観の傷みはあるものの、とてもきれいに維持されていた。

休館日だったのだが中に人がいたので名前を名乗って見学をさせていただいた。
デザインの本人であることを伝えたところ、気持ち良く中を案内してくれて、このピクトサインがSDA賞の入賞作品であることや、このサインを見に今でも見学者が来るのですよと。

読書コーナー

男子お手洗い 女子お手洗い 給湯室&お手洗い 階段

わくわくルーム 下駄箱 研修室

当時、会社を作って初めての公共の仕事でした。
打ち合わせで役所に出向くとデザイナー???で、パイプ椅子で1時間も待たされ・・・

完成後にSDAに入選、施設と制作者、発注者が表彰されたので表彰状を持って役所に行ったら、、、
応接室でソファー、蓋付きの茶碗でお茶、先生と呼ばれwww
てなことも思いだしました。(笑)

でも、とても嬉しい1日になったのです。

人に感謝される仕事がしたいと、していきたいと思い直した55歳の夏の日でした。









松浦武四郎じゃない夕張日誌・・・・・自然の巻 - 2011.11.14 Mon

夕張ハーフディトリップ後半です。

新しく作ってる夕張シューパロダム、まずはダムを勉強してからと・・・ほんとは土曜と日曜は開館してないのを知っていたのですが歩く順番としては正しいですよね。利用者が一番多いのは一般的に休祭日ではないのかな???とそう思う訳です。はい。。。

IMGP0358.jpg

一番奥が新しくできる夕張シューパロダム、手前が昭和37年完成の大夕張ダムです。手前は水没で無くなってしまいます。私が写真を撮っている場所も1年半後には水没していまうんですね。それを考えると人間って凄いことができるんだなと、なんだか汗がでてきます。

IMGP0125.jpg

シューパロ湖三弦橋、この素敵な橋も水没してしまうそうです。何年かに一度は姿を出す予定だそうです。
勝手にリンク貼ってしまいましたが夕方で写真が綺麗に撮れませんでしたのでwww、綺麗な写真はこちらのお方の写真でどうぞ。
http://longred-crow.cocolog-nifty.com/photos/2006_aug_summertour/0162006_summertour20060814_095221.html

IMGP0337.jpg

シューパロ湖より夕張山系の景色です。これは新しいシューパロダムが完成すると今の国道は水没、30mくらい上の位置から見えるようになるようです。

IMGP0123.jpg

ちょっと見にくいですが白金の沢です。30年ほど前はヤマメの釣れた川でしたが今は生息していないようです。

IMGP0344.jpg

夕張川本流、新しいダムが出来るとこのあたりがインレットになるのかと思います。この辺りから芦別岳の山麓まで約20kmもの自然豊かな渓流が続きます。魚が釣れる釣れないは別にしてフライをするのに気持ちの良い流れです。30年も前に2泊3日でこの川の魚止めまで行ってきましたが、それはもう、イワナの桃源郷でした。最後の魚止めの滝の小さな岩棚に来た記念に石炭で彫刻した5cmくらいの熊を置いてきたのですが・・・・・

IMGP0348.jpg

とても気になった事を・・・
それは道路脇に捨てられたゴミ、こんな感じで点々と落ちています。ちなみに一般車が通るとこではありません。ダム工事に絡んで国道の付け替え工事の20カ所くらいある搬入路や夕張岳への登山道入り口に続く道沿いです。キツネがゴミをあさっていました。自然に優しい、大事に、保全の為とうたって総事業費1,700億円もかけてるんですよね。下請けの下請けまで社員教育をちゃんとしてみませんか。せめてゴミを捨てない教育を徹底した方がと思うのです。あと一般車の人達には笑顔で接して欲しいと強く感じました。

IMGP0120.jpg

最後に・・・見る場所によっては自然湖に見える素敵なところもあります。
作ってしまってるのですから仕方ないですね。仲良く付き合いましょう、水のある素敵な場所として。

IMGP0121.jpg








松浦武四郎じゃない夕張日誌・・・・・町の巻 - 2011.11.13 Sun

朝、起きたら良い天気じゃないですか。

観光地嫌いな私、今日はちょっとした事情があって、、、なんと観光一人ドライヴ。
行ったところはバリバリ夕張。

昔、ミュージックフェスや夕張川本流源流のイワナ釣りに2泊3日でなんて随分お世話になってて、とっても懐かしく思い出に残ってる町なのです。ところがちょっと前の財政破綻、温泉もやってないらしいってことで行ってきたのです。観光地嫌いな割には幸せの黄色いハンカチに涙して・・・それも随分と昔の事ですが幸せになろうと思い一度は行っていました。

IMGP0313.jpg

私にとっては最近流行の道の駅、まずはここで観光案内パンフなぞをゲットしようと意気込んでみましたが・・・・・僅かに野菜が売ってるだけ、しかもこれってスーパーでは?土曜日のお昼時なのに観光客なんていない。町の人が買物に訪れるのみ。しかもトイレは別の敷地に。
まぁ、気を取り直して。夕張と言えばメロンの前は石炭と次に向かいました。

IMGP0317.jpg

調べてから来るべきだったとは思うのですが・・・・・
せめて看板に営業期間やまた是非いらしてくださいとか、申し訳ありませんがとか思うのは私だけでしょうか?

そうだ!まずは観光案内センターを探そうと思いながらキネマ街道を散策してみたら、、、
閉まっていました。
手書きのレトロな映画看板、素敵です。今はもうこんなの描く人も少なくなったんだろうなと思います。できれば板張りの家屋に取り付けられていればもっと風情があるのになと、新建材の上ではちょっと物足りないかなと。
道路に置かれた顔入れて写真撮るアレです。どうして道路の真ん中にあるのでしょう?石畳風のブロックが敷かれた車も通れるくらい広い道路にです。歩道と車道を分けるデザインになっていて、とにかくその真ん中。
市道か町道か私道かはわかりませんが普通は催しものがあるとき許可を貰っての場所ではないのかな?ヒッピー時代に道路にベッチンの布を敷いてアクセサリーを売っていた時、道路不法占拠で書類送検の経験を持つ私にはとても不可思議な光景に見えるのです。どんな許可を貰えばこうできるのでしょうね?

IMGP0325.jpg

観光案内パンフを求めてここまででもう1時間半、夕張駅の案内板を途中で見ていたので寄ってみました。結構注意しながら車を走らせていたのですが案内センターには気がつきませんでした。何故って、オレンジの壁にグリーンの文字では遠くからはハレーションで、写真で見てもそう思うのですが。
中に入ると案内カウンターがあって人もいるようです。でも頭を下げたまま何か作業しているようで私のこんにちわは聞こえなかったようです。とりあえず「ゆうばりあれこれマップ」を手に入れる事ができたのですが「頑張らなきゃダメロン」とスローガン?が書いてあります。なるほど、マップを手にいれるためには・・・・・
ちなみにマップの中には施設の休館日や営業時間などの記載が一切ありませんでした。とりあえず行ってみぃーと言うことなのでしょうか?

IMGP0329.jpg

こんな調子で時間だけが過ぎていきましたが、実は私、これで充分に楽しかったのです。
道を歩く人はみんな親切で、ちょっと待ってろと電話をかけて聞いてくれる人、犬の散歩のついでだからと一緒に歩いてくれた爺さん、車が通ることの無くなった道路でスキーの練習をする子供たち、30年も前に車が故障して駆け込んだ修理工場、どこもが黒かった川が清流になっていたり、人の心と自然がやっぱり一番だと感じれたハーフディトリップでした。






新潟観光・・・・・ - 2011.10.26 Wed

道中、景色が見れなかったことは新潟駅についたとたんに忘れてた。

FB友達の個人タクシー川村さんにバスに遅刻して新幹線で早く着いてしまった事を伝えるとすぐにとんで来てくれた。

どこに行っても観光地嫌いな私、みやげもの屋巡りの観光バスは乗りたくなかったので、タクシーで観光ってリッチでしょ、でも知り合ってなかったらできなかったな・・・川村さんありがとう!

まずは万代橋や朱鷺メッセを足早やにめぐり、

万代橋
※万代橋

朱鷺メッセより
※朱鷺メッセから信濃川

新潟と言えば気になる拉致問題・・・

佐渡島
※この日は珍しく佐渡が見えた。

横田めぐみさんの住宅から細い一本道を抜けると目の前に日本海が、あまりに僅かの距離に驚く。朝鮮に近く漁村が点在する海岸線、ここから見知らぬ国の人に連れていかれたのかと・・・・・
川村さんもこの問題に関わっていて、そうそう、実は横田さんの遠い親戚なのです。彼の説明にうなづく事しかできませんでした。

年に何回も見れない50km離れた佐渡島もこの日は見る事ができ、私にとっては貴重な体験になったと思います。

新潟らしい食事をぜひと薦められて食べたのが

ワッパ飯ノッペ汁
※わっぱ飯とのっぺ汁

わっぱの香り、のっぺの素朴な味わい、とても美味しく気持ちの落ち着く食事でした。

北方文化博物館

食事の後は田園風景を眺めながら北方文化博物館へ、豪農の家を利用した博物館で米処として栄えた新潟の歴史を見る事ができました。建造物も当時のまま、窓ガラスも景色が歪んで見える吹きガラスで何とも味わいのある日本家屋、まぁ、当時の金持ち故という事もありますが・・・・・

写真を撮るのを忘れましたが、当時の豪農の結婚式は1週間?も続くらしく壁中に筆書きされたメニューが展示されていて、、、それはもう興味津々・・・・・

もし何人かで新潟観光をするなら川村タクシーをお薦めします。
割り勘なら観光バスより安くお好みで新潟を堪能できると思います。

続く・・・・・




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

fftrout

Author:fftrout
フライフィッシングが大好きです。
ブルースも大好きです。
美味いものも大好きです。
欲張り?

News

Comments

Trackback

Archive

Categories

Fishing (9)
Blues (1)
Cooking (13)
House (6)
Birds (6)
Nonsense (3)
And more..... (10)

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31782位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9240位
アクセスランキングを見る>>

ONE STONE

FC2Blog Ranking

Search

RSS

Link

このブログをリンクに追加する

ブロともApplication

この人とブロともになる

QRCode

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。